浮世絵学11/文化藝術懇話会*(18)九州王朝 240s魏志東夷倭人条、307隋書、622法隆寺金堂釈迦三尊光背銘 622天寿国繍帳 玉虫厨子 九州年号 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/4907
ホーム > 浮世絵学11/文化藝術懇話会*(18)九州王朝 240s魏志東夷倭人条、307隋書、622法隆寺金堂釈迦三尊光背銘 622天寿国繍帳 玉虫厨子 九州年号 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/4907

浮世絵学11/文化藝術懇話会*(18)九州王朝 240s魏志東夷倭人条、307隋書、622法隆寺金堂釈迦三尊光背銘 622天寿国繍帳 玉虫厨子 九州年号 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/4907

2015-06-22現在(2018-09-24更新)    http://www.ukiyo-e.co.jp/4907

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂 

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

————————————————————————————————————

◎九州王朝の提唱者、古田武彦先生の論文、著者

古田武彦

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/tyosak40/zisyokai.html

http://www.furutasigaku.jp/     古田先生の論文、著書を直接、御読み下さい。

2015-05-20現在 *中国正史倭人伝(1)(2)など原本を忠実に翻刻した便利な文庫本が刊行されている。

はがき/懇話会(18)2015-01-22

編年順に記録を整理してみると

57漢倭奴國王(一覧表)

240s魏史東夷伝倭人条

290s陳寿(233-279)/魏志東夷倭人条

307随書

414広開土王 421-478宋書/讃、珍、済、興、武、 *奈良王朝は、622白村江の後。

570福岡・元岡古墳の鉄剣.rtfd

600(開皇20)俀王姓阿毎字多利思北孤 號阿輩雞彌は阿毎、は多利思北孤、は阿輩雞彌が隋に使者 *倭でなく俀(タイ?)

607(大業3)隋に遣隋使 推古天皇(554-628)は女帝であるが、実際は男、つまり多利思北孤

607随書/俀国伝 *阿蘇山が記述されている。奈良ではなく、九州であることを裏付けている。

622.02.22聖徳太子薨去/法隆寺金堂釈迦三尊

*日本書紀の記述、誤り。太子の母、妃、太子が死んでいるのに記述がない。

(雁註)これは奈良王朝が、既存の九州王朝の業績を自分のものとして取り上げた。聖徳太子は、推古朝が中国の梁・萧衍(武帝)(464-549)(しょうえん)の事跡を盗用して、捏造したため、実在しない。

(藤枝晃)聖徳太子伝説は、梁・萧衍(武帝)(464-549)(しょうえん)の事績を手本にしていて、信用できるものは一つもない。萧衍は南朝・梁(502-557)の初代皇帝で、近隣諸国から菩薩天子と礼賛されていた。

622天寿国繍帳(中宮寺).rtfd

Image1

IMG_0018 (1)

623癸未(推古31)釈迦三尊光背銘

IMG_0005 - バージョン 4

meibun

(雁註)光背銘の文字は、中国北朝の通用文字であり、これらは中国人が九州に渡来していたことを示すものである。

例えば、右から左へ文章が刻まれているが、左から二行目、上から二文字目、彼岸(ひがん)の「岸」。これは楷書と違う通用字体(土+岸)で、北朝では正字であった。羅振玉の増訂碑別字字典に漢隷から楷書へ定着するまでの変遷文字が掲載されている。

詳細について、西川寧(1983大英図書館収蔵 敦煌・楼蘭古文書展)、藤枝晃(1991トウルファン古写本展)両先生の文字の釈文、同定を参照されたい。

聖徳太子の法華経義疏(きしょ)の文字も同様である。添付紙片に「此是・大委國上宮王□集非海彼本」。これは大いなる倭(委)國上宮王□集、非海彼本」。中国のものでないとして、大委國上宮…つまり、九州王朝の伝来を示している。

つまり九州王朝を土台に再度、歴史を見直すと、よく理解できる。662白村江の戦い以前、既に大陸から多くの渡来人が九州に定住していたの。因みに九州は、博多、熊本の意ではなく、総ての国、つまり全世界を表す秦の始皇帝が定めた地域概念である。九は一の位の最大の数。

1998石田/玉虫厨子

IMG_0093 (1)

(雁註)玉虫の厨子、当時、この名称は記録されていない。明治以降の造語である。玉虫は、殆ど失われているので、当時の状況を把握できない。諸書を検索しても、製作年月、不明。推古朝(554-628)の後代とみられている。(30)敏達、(31)用明、(32)崇峻など、生年が不明。やはり、推古朝を含めて、この前後は不自然。

(29)欽明(510-571)、*第三皇女が(33)推古天皇(554-628)

(30)敏達天皇(?-585)の皇后となる。

(31)用明天皇(?-587)

(32)崇峻天皇(?-592)が蘇我馬子(?-626)に殺された後に即位、聖徳太子*(574-622)が摂政として国政を行った。

*聖徳太子の生没年も全く信用できない。

(33)推古天皇(554-628)

(藤枝晃)*聖徳太子伝説は、梁・萧衍(武帝)(464-549)(しょうえん)の事績を手本にしていて、信用できるものは一つもない。萧衍は南朝・梁(502-557)の初代皇帝で、近隣諸国から菩薩天子と礼賛されていた。

http://www.ukiyo-e.co.jp/3472 玉虫厨子も参照

652(元壬子)白雉元 木簡(芦屋市三条九ノ坪遺跡で発見された)は、九州王朝の年号 ただし、年号は記録されていない

何か御気付きの点があれば御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator 

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp/  

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

文化藝術懇話会 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション