浮世絵学11/文化藝術懇話会*(22)新シルクロード2 キャラバン・サライの夜 知られざる本当の絹の道
ホーム > 浮世絵学11/文化藝術懇話会*(22)新シルクロード2 キャラバン・サライの夜 知られざる本当の絹の道

浮世絵学11/文化藝術懇話会*(22)新シルクロード2 キャラバン・サライの夜 知られざる本当の絹の道

2015-05-21
新シルクロード(2)シルクロード キャラバン・サライの夜 知られざる本当の絹の道
DVD映像目次
1 シルクロードの隊商たち
2 キャラバンの成立
3 キャラバン・サライの夜
4 シルクロード、陰のネットワーク
5 本当の絹の道
6 ソグディアナ、隊商たちのふるさと
7 オアシス・ルート、東奔西走
資料編
絲綢之路、衛生地図ガイド
ソグドの足跡
歴史・人物列伝

本文目次 執筆 長澤和俊
1 悠久の東西交易路
・ザイデンシュトラーセン(絹の道) *オアシス・ルート(ホータン、ヤルカンド)だけでなく、更にシリア、ローマまでを指す。
・ラクダが死んでいるところが道である。磚茶(ダンチャ)、布地
2 キャラバンの誕生
・ラクダに乗れるのは隊商長と料理番
・つかの間の安らぎ、キャラバン・サライ(隊商宿)
・わしら、沙漠のラクダ曵き
・ラクダ曵きの言葉「わしらのラクダは死ぬまで、わしらのために苦労のしどおしなんですぜ(中略)
それだけでも充分じゃないですか。このうえ死ぬ間際に手荒なことをやったり、それこそ、わしらの身に天罰が下りますぜ」
・糞くらって、小便飲んで、ぼろの袋を敷いて練る、それがラクダ曵きというものさ。
3 キャラバン交易と西域商胡(ショウコ)
・絹馬(けんば)貿易と玉(ぎょく)の道
・金貨珍貨がシルクロードを往来する
・商業民族ソグド*人の活躍 深目高鼻で髯が多い  *ソグティアナ(現サマルカンド、ウズベキスタン、タジキスタン)
・安禄山はソグド人の血を引いていた *ソグド語(現在、死語)、イラン語。 チュルク語、モンゴル語に影響を与えた
*安国(ブハラ)、康国(サマルカンド)、何国(クシャーニャ)、曹国(カブーダン)、史国(キッシュ)
*サルト人(商売人の意、トルコ*人との混血種)  *チュルク(トルコ)語
4 ラクダの旅路
・はじめての沙漠の舟の旅
・ラクダの背で船酔い
・行く道が分からない。
・眠ったら死ぬぞ
5 シルクロードにとりつかれて
・死と隣り合わせだったヘディンの旅 1895.04.23  04.30、一滴の水もなくなる  *脈49
・中国内乱が探検の脅威となる
・シルクロードが注目される理由
・日本文化の源流にハッとする
オアシス・ルートの歴史年表
映像アクセス索引
資料篇リスト

1979長澤和俊/シルクロード史研究。国書刊行会 822頁 *長澤和俊先生の大著
1983長澤和俊/シルクロード文化史 全3、白水社 全720頁 *1982市民大学講座26回分
1983長澤和俊/シルクロード 歴史と文化、角川書店
1984長澤和俊/張騫とシルクロード、清水新書
1985長澤和俊/シルクロード遍歴、角川書店
1986長澤和俊/東西文化の交流、白水社
1989長澤和俊/海のシルクロード史 四千年の東西交易、中央公論社
1993長澤和俊/シルクロード、講談社学術文庫
1994長澤和俊/新シルクロード百科、雄山閣
2000長澤和俊/スケッチガイド遥かなるシルクロード、里文出版
2002長澤和俊/シルクロードを知る事典、東京堂出版
2003長澤和俊/NHK文明の道(1)、DVD(1) アレクサンドロスの時代、日本放送出版協会
2003長澤和俊/NHK文明の道(2)、DVD(3) 海と陸のシルクロード、日本放送出版協会
2005長澤和俊/NHKスペシャル新シルクロード(1)遥かなる四千年の旅路、日本放送出版協会
2005長澤和俊/NHKスペシャル新シルクロード(2)

次回6-18(木)新シルクロード(3)カシュガル民族の十字路 香妃の伝説とバザール・ノスタルジア



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿