浮世絵学04/外題(仏教*)2005今枝由郎/ブータン仏教から見た日本仏教 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学04/外題(仏教*)2005今枝由郎/ブータン仏教から見た日本仏教 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学04/外題(仏教*)2005今枝由郎/ブータン仏教から見た日本仏教 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-01-11現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

◯2015日本仏教、歪曲の歴史

ブッダの説いた(原仏教)ことと全く違う歪曲された現在の日本仏教(現仏教)

2005今枝由郎/ブータン仏教から見た日本仏教

IMG_20160111_0001 - バージョン 2

◯現代ブッキョウは、葬式ブッキョウで葬式と祖先供養の儀式ばかり。

日本の仏教は、僧侶が妻帯し、寺を世襲する。このため、金襴の袈裟をまとった俗物になっている。

観光客相手の儀式用の寺院では、文字通り、墓場になっている。

◯葬儀は行わなくても構わない。ささやかな追善供養だけで充分である。

もちろん、戒名、墓、回忌法要も必要ない。

◯戒名

戒名とは、三帰依をし、仏教徒となり、戒を受けるのと同時に与えられる仏教徒としての新しい名前。

釋迦牟尼(シャーキャ・ムニ)の教えに従う者として、師の種族名「釋迦」の頭文字をもって、自分の姓とした。

つまり戒名は元来、生きている間に授かるものであった。

ブッダは、戒名などなし、墓も造らない、回忌法要もしていない。

この本来の仏教に立ち帰る必要がある。

◯墓(はか)

仏教に、本来、墓はない。墓があるのは、仏教国では日本だけである。

アジア各地を訪れれば明らかなように、墓はどこにもない。

土葬、水葬、火葬、鳥葬、いずれも墓はない。

遺骨、遺灰は、川に流す。

◯回忌法要

忌(き)とは、親や先祖の命日、亡くなった日は忌むべきことがあり、それを守るシキタリ。

しかし、仏教では、特別に忌むことはない。

愛と思いやり、人を愛せよ、そして尊敬せよ。

普遍性のあるものを構築する必要がある。

修行の証は顔に現れる。悪行をするものは、卑しい顔になる。善行を積むものは、気品のある崇高な顔になる。

修行(精進、努力)によって徳を身につけた僧侶が継承しなければならない。

◯ブッダが云ったから、ブッダの教えだから、という理由で行動するのではなくて、

自分自身で問い、自分自身で確かめ、自分自身の言葉で言い表し、確信できた自分自身の行動で示すのが仏教のあり方。

客観的な事実認識のうえに立脚し、たえずその認識を自ら検証するというのが本来の仏教の特徴である。

仏教は、一人一人が仏になるための教えである。

仏になるとは、死者の意でなく、覚者、目覚めた人になること。超越でなく、人として目覚めること。

仏教は近代科学と両立可能な唯一の宗教。

◯修行・研鑽によって得られる徳という基盤。徳によって、苦なる人生を克服すること。

道元は、学道の人は先ず須く貧なるべし。財多ければ、必ずその志を失う。(正法眼藏随聞記)

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿