浮世絵学04/外題(絵巻物)2015絵巻物総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/3979
ホーム > 浮世絵学04/外題(絵巻物)2015絵巻物総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/3979

浮世絵学04/外題(絵巻物)2015絵巻物総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/3979

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,

curator,  professional adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery

2014-11-13 http://www.ukiyo-e.co.jp   *You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]

絵3-5左

奈良絵巻/たけとり

(日本・個人)カグヤ姫の神輿、五彩の飛雲の昇天図としては最大級の豪華絢爛な図様である。

江戸初期(1630s)、「極メ」に「明之言様御筆」(詞書)、「土佐光隆筆」(画) 高さ1.1尺

物語絵巻は、南北朝-室町(1320s-1610s)の日記類に記録されている小説、軍記、幸若舞など。

*この中世の物語絵巻に「たけとり」は含まれていない。つまり、近世の作品ということが分かる。

奈良絵巻は、元和偃武(1615)以降、寛永(1630s-1640s)、寛文-延宝(1660s-1670s)を最盛期として、筆写された肉筆。稚拙なものから、極細密な作品まで、幅が広い。画者は不明、筆者も不明。若干、筆者の判明している絵巻物もある。

さて、ここでは日記類から、絵巻物を記録した。

平安期の大型絵巻物は、記録にあるが、現在、その作品は未見のものも多い。

絵巻物を整理した。同外題でも、内容がかなり違うものもある。

高僧傳などは、寺社の需要も多く、多様であるが、良質の原本は極めて少ない。

最上級の作品が海外へ流出してしまったので、慌てて文化財保護法が制定された。

模本が、役に立っている。

 

2015絵巻物総目録 1074点 *奈良絵巻は別途、参照

*市古貞次/中世文学年表 小説(御伽草子)・軍記・幸若舞

南北朝・室町時代(1321-1615)の日記類に書かれている絵巻を丹念に記録してある。

しかし、製作者(画者、筆者)、制作年代については保留、未確定の作品が大半である。

典拠は、天地人 ukiyo-e.co.jp/844 を参照

何かお気づきの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂     http://www.ukiyo-e.co.jp

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション