浮世絵学01/落款(廣重)ひろしげ_廣重/団扇絵総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学01/落款(廣重)ひろしげ_廣重/団扇絵総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学01/落款(廣重)ひろしげ_廣重/団扇絵総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-06-29現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

団扇は消耗品であり、使われなかった団扇のみ、現存する。消費されたものは、遺ってないので、実数は不明である。判型形態では団扇であるが、長崎絵、横浜絵、疱瘡絵、なまず絵と同様、団扇絵と称する。

名数である程度、把握できるが、それ以外の作品は全く分からない。

最近、VAのFaulkner、墨田区の奥田敦子、この両名が主要な廣重/団扇作品を単行図録として刊行した。奥田女史の巻末の総目録は労作(548項目)である。廣重の団扇も進歩したというべきであろう。ただ、外題+板元、連結して把握していないので、増補訂正の折、修正すれば、全体の把握が楽になる。

2016廣重/団扇総目録

*重複もあるが、1365項目を入力済み、奥田女史の548項目を加えると2,000ほどになる

ここでマルクス君が纏めた団扇に刊する極改印などについて紹介したい。マルクス君は延べ、15日間以上、浮世絵博物館の収蔵庫の作品を調査、撮影し、丹念にDBとして入力した。その成果は源氏絵、板元などで刊行されている。板元の巻末に、団扇に刊する一覧表が掲載されている。マルクス君は、これらの研究成果を一般研究者のために紹介することを許可してくれると思う。むろん、不備の項目もあり、今後、更にDBを作成し、補充、増補、訂正する機会になれば、有り難い。

2006.02.24、真冬の松本へ訪ねてきた。少し話してみると、ドイツ出身で、オランダのライデン大学で学位を取得したという。綿密に、正確に浮世絵学を探求して、何よりも紳士であった。これは真の浮世絵の研究者であると分かり、収蔵庫へ案内した。これ以後、何回か松本へ来て、収蔵庫の作品を調査、撮影した。あれから、もう10年も経ているとは全く月日の経つのは早いものだ。カリフォルニアのクラークセンター、そして現在はミネアポリス美術館の日本美術主任学芸員を勤めている。

 

CIMG1775_1

 

IMG_20160627_0001

IMG_20160627_0006

 

IMG_20160627_0003

 

IMG_20160627_0007

 

IMG_20160627_0005

恐らく名数から考えて、未だ未だ新発見の作品が出てくることだろう。総ての浮世絵師の団扇総図録が出来ることを期待したい。また、何故、団扇だけ特別の極改印を必要としたか、解明されていない。今後の研究成果に俟ちたい。

◯刊年

浮世絵学02/極改印 

*干支、名主印など入力して、刊年を絞り込める。更に増補訂正する必要がある。

*行事印の年月は、不確定で、検証が不十分、再調査が必要である。

*奥田女史は、刊年を名主印で精密に絞り込んでいる。

◯版元(板元)の把握 *原画に刻記されている文字を入力

する。文字で簡単に検索できる。

板元(書物問屋)屋号(五十音)

浮世絵学05/板元索引(文字入力)

DBで、特に重要な入力方法は、版元、板元である。

*外題+版元 これは密接に連結している。同外題でも版元が違えば、別の扱いとなる。

いきなり屋号の入力は不可。原画に刻記されている文字を入力する。

・商標[引両] *紋所で、◯に二、三本の横線 伊場仙の商標、団扇専門の版元 入力→ 商標[引両]

・三平 *団扇専門の板元なので、井上/慶長以来書賈集覧などに出てこない。入力→ 三平

*マルクス博士の版元便覧325。5項目の作品名が記載されている。

◯マルクス 2011Andreas MARKS: Publishers of Japanese Woodblock Prints: A Compendium (浮世絵版元便覧)

浮世絵の版元、板元をDBにより、把握できた板元(638店)、と把握できない板元(505店)を分けて、作品の年代を把握し、版元の活躍年代を割り出している。ローマ字の屋号から、seals (商標、堂号)を見れば、番号から各種の版元印を確認できる。屋号⇄版元印(商標)の相互検索が可能である。

浮世絵の版元に関して、これが一番、質量ともに、豊富かつ正確である。

◯団扇絵は、多くの作品を集めることにより、特に名数が完全になれば、有り難い。

外題替え、内題替えも多くあることと思う。

作品を多く入力することにより、徐々に全体を把握できる。

もっとも、単品で刊行されたものもあり、なかなか難しい。

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

 

 



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション